ニキビケアゲル エクラシャルム

ニキビの種類(進行による分類)

にきびの種類は、毛穴のつまりの状態の進行で名前がついているものと、にきびの出来る場所で名前がついていることがあります。

ここでは、ニキビのできる部位ではなく、進行によってつけられる名前とその状態を説明します。

毛穴が詰まってしまうと、
その場所に白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビという順に変化していきます。

白ニキビ

何らかの原因で、毛穴の入口あたりの皮膚がが厚く狭くなり、その入口に皮脂が詰まってしまいます。これが白ニキビです。面ぽうなどとも呼ばれています。見た目ではわかりにくいですが、触れてみるとなんかブツブツしている状態です。
 
この状態ではアクネ菌もまだ繁殖していません。


黒ニキビ

白ニキビの状態で、さらに皮脂が詰まってきます。行き場のない皮脂が毛穴を押し広げようとしてついに皮脂が顔を出し、空気に触れて黒くなります。これが黒ニキビ。

鼻にできることが多いみたいです。この黒ニキビもまだ面ぼうと呼ばれる状態で、アクネ菌の繁殖までは行っていません。


赤ニキビ

空気に触れている部分からアクネ菌が侵入します。アクネ菌は毛穴に詰まっている皮脂を栄養源として繁殖します。

この状態で、アクネ菌から産生される毒素によって毛穴の周りの皮膚が炎症を起こします。それで赤くなり、痛みを発生してきます。

この状態は丘疹と呼ばれ、触れると潰れたり後が残ったりします。


黄ニキビ

赤ニキビの状態で放置しておくと、アクネ菌の繁殖がすすみ、毛穴の皮膚の炎症が進み内部に膿がたまってきます。膿疱という状態です。痛みを伴いますし、無理に潰そうとすると肌を傷つけることになります。

隣り合う毛穴にも炎症が広がり、皮膚にもダメージが広がります。治っても表面が陥没しクレーター状になったり、赤黒く色素沈着を起こしにきび跡ができる可能性が高くなります。


紫ニキビ

毛穴の深い部分で膿と血液が混ざり合った状態になっています。指先で触れるとゴリゴリとした感覚があり、しこりのように感じます。この状態になると高い確率でにきび跡が残ることとなります


にきびは予防や再発防止がもっとも大切ですが、出来てしまったら炎症が起こる前に適切に対処することが必要です。白ニキビ、黒ニキビという状態ですと、洗顔などの基本的なスキンケアで充分治せます。正しい洗顔ができているか確認してみてください。

赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビになると炎症を抑え、色素沈着を防止するなど正しい知識を持って治療することが大事です。状態によっては皮膚科などを受診することをお勧めします。

 

 

 





 

 

 

 

© 2018 大人ニキビ rss