ニキビケア化粧水【ルメディカACNローション】

ニキビケアの化粧水

正しい洗顔の最後に当たる保湿。洗顔後3分以内に行いましょうと述べている保湿は化粧水で行われることが多いですね。

この化粧水には、油分と水分のバランスを保って肌を潤わせ、配合成分の働きで肌の環境を整える働きを期待するわけです。

ニキビケアですから、一番の敵である「乾燥」に対して保湿の働きはもちろん大きなポイントで、もうひとつはニキビをケアする成分も重要なポイントとなります。

そのポイントは思春期ニキビと大人ニキビでは若干異なります。

思春期ニキビは皮脂の分泌バランスを整えることとなりますので、余分な皮脂を取り除くための拭き取りや、殺菌成分、ピーリング成分の入った化粧水を選ぶこととなります。

一方の大人ニキビの場合は、ストレスや生活習慣の乱れから肌のターンオーバーが乱れにきびが出来ていることが多いですから、ニキビを刺激する成分を避け、ターンオーバーを助ける成分などニキビケアに有効とされる成分が含まれている化粧水を選びましょう。

ニキビケアに効果的な代表的な成分

グリチルリチン酸 炎症を抑える。肌に優しい(甘草から抽出される成分)
成分表示 グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリルなど
ビタミンC誘導体 余分な皮脂の分泌を抑制(ニキビ予防)美白作用(ニキビ跡ケア)
成分表示 リン酸アスコルビルMg、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naなど
アラントイン 炎症を抑え赤みを抑える。(尿素や植物から抽出される)。
成分表示 アラントイン

 


そして、ニキビを刺激して悪化させるエタノールや油分の一部の成分が入っているものは避けてください。

目安としては、ノンコメドジェニックオイルフリーアルコールフリーと標記されているものを選ぶことです。

 

オススメのニキビ化粧水

ニキビケアというと、洗顔、保湿、整肌、保護といった目的に合わせたアイテムを使います。ですから、一つ一つを自分の肌に合ったものを選ぶこともありますが、セットになったものを選ぶほうが経済的にも有利であることが多いので、トップページではセットになったトライアル製品をご紹介しました。

もちろん単体で化粧水だけ購入することも可能です。

化粧水単体のお勧めはルメディカACNローションという化粧水。使い方が非常に簡単で手間要らず、単品で買うなら一番のお勧めでです。

これは、湘南美容外科クリニックの女医藤瀬医師の監修のもと開発された医学部外品の化粧水です。

ニキビケア化粧水【ルメディカACNローション】

 

強いバリア機能をもつ金をナノサイズ以下という小さな微粒子状の水溶液(金コロイド)にしてたっぷりと配合、だからピンク色をしています。

ニキビが出来やすい肌は敏感になっているのでアルコールフリー、タール系色素フリー、無香料、パラベンフリーそして、大豆エキスで肌ストレスを和らげます。

朝晩の洗顔後に、手のひらかコットンにローションを取りニキビの気になる箇所を中心に軽く抑えるように塗りましょう。

もちろん、顔だけでなく全身の気になる箇所に使えます。

炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウム配合
保湿成分は濃グリセリン、ジプロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、トリメチルグリシン、L-セリン、トレハロース

今なら定期コース通常価格5,480円(税抜)が
初回限定 特別価格2,980円(税抜)(2回目以降4,660円~3,990円)

1、今だけ14%~45%オフ
2.回数縛りなし、いつでも解約OK(次回届け日の10日前まで)
3.送料完全無料
4.続けるほどお得な会員ランク制度
5.ポイント制度(100円=1ポイント)

詳しくは
▼ ▼ ▼

 

 

 

 

 





 

 

 

 

© 2018 大人ニキビ rss